スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パパさん弁当、詰め方の工夫。

こんにちは~。


今週前半はまた寒くなる!!

って聞いていたので朝から覚悟してましたが、わりと穏やか(^-^)
真冬は通り越したみたいですよね。


お花見楽しみだな。。。


さてさてパパさん弁当。
ちょっと忙しかった先週、初の詰め方に挑戦してみました。

こちら、牛丼弁当(笑)



ずっとやってみたかった。。牛丼弁当。
でも牛丼のみ!!だと見た目が悪いかな~とか、考えてみたりして。

野田琺瑯なら容器が白い分、明るく見えるしコラボしてもありなのでは。。
ついでに紅しょうがと煎りゴマ、青のりをアクセントにして。


と、1人で前日妄想しながらいざ詰めてみると
わりといい(〃∇〃)(もちろん自己満足レベルで)
せっかくだから、初牛丼弁当を強調すべく、久々にチーズちまちま切ってみました。

お弁当ネタが尽きたときの献立にこれ、採用にしました。


そしてこの後の3つの写真は曲げわっぱに詰めたもの。

詰めるとき、縦向きに詰めるか、横向きにするか、、おかずの配分によって変えてます。
なんせ曲げわっぱは雰囲気はよくなるけど、深さがあるのでおかずが沈んじゃうんです。
おかずの下に卵焼きを敷いて土台にしてるときもあれば、ごはんを土台にしてるときもあります。

おかずの種類が少ないときにはこんな風に縦長に詰めます。
おかずを半分寝かせながら詰めると幅もとれて固定しやすいです。







次に、おかずの種類がそれなりにあって、幅をとれるもの(今回で言えばシュウマイやかぼちゃ)があるときは横向きで
。ごはんを卵焼きあたりのゾーンまで詰めて土台にしてます。

沈みやすい手前のおかずから詰めていくと自然と奥のおかずに高さが出てこんもり感がでます。






ここからは参考用。
こちらは以前に載せたものですが、↑のやり方で上手くこんもり感出ました。


こっちは失敗例。
おかずの種類があるのに縦長にしちゃったので、すごいもりもり。。
やり過ぎ感満載です。
横長にすればよかった。。。


そして琺瑯は高さを意識しなくても普通に詰めていくだけでそれなりに仕上がります。
でもおかずの種類がないと、ごはんゾーンがやたら目立っちゃいます。。。




彩りや配置、飾りものなどでお弁当の雰囲気ってグッと変わりますよね。
お弁当箱の種類でもかなり見た目が変わってくる。



どうやったら綺麗に詰められるか、これからもいい方法を考えたいと思いますp(^-^)q



ではではまた~。

マイキーの野田琺瑯、可愛い。
  

お得な曲げわっぱいろいろ。
   

この海苔パンチ、子どもが喜びそう~。




ポチッと応援クリックいただけたら嬉しいです☆

にほんブログ村 料理ブログ ダンナ弁当・パパ弁当へ
にほんブログ村

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ おうちカフェへ
にほんブログ村


  
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

はるり

Author:はるり
うちの暮らしへようこそ。

3人の子どものこと、食べること、インテリアのこと、、

家族で毎日気持ちよく過ごせるために考えたことや、やっていることを少しずつ、綴ってます。

よかったら覗いていってくださいね。



2015.2.3 「うちの子育てごはん」より、タイトル変更しました。



wish list

リンク

ページの先頭へ戻る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。